爬虫類の餌ガイド!食性から最適な餌選びの基礎知識!

爬虫類は飼育が容易で興味深い生き物であり、多くの人々にペットとして人気が高まっています
しかし、その飼育は食性や環境によっては複雑になることもあります。

本記事では、爬虫類の餌に関する重要な情報や選び方を詳しく解説していきます。

爬虫類の種類ごとの食性

爬虫類は肉食・草食・雑食のそれぞれの食性によって分類されます。それぞれの食性の爬虫類に適切な餌について、解説します。

肉食性の爬虫類

(SSサイズ)ヨーロッパイエコオロギ 3~5mm 150+20% 匹 生産者直販売 イエコ

肉食性の爬虫類は主に生きた昆虫や生肉を基本的な餌とします。
これには、コオロギやミールワームなどが挙げられます。

また、ビタミンやミネラルを含むサプリメントも与えることが重要です。飼育下ではカルシウムやリンの補給も必要だからです。

冷凍飼料は一般的で栄養価も高いですが、消化を良くするために解凍してから与えます。
日持ちはしないので、解凍させたらすぐに食べさせるように配慮しましょう。

草食性の爬虫類

アクシズ 爬虫類・小動物用 野菜ゼリー 30個入り 紙製卵トレー(ハーフ)2枚付

草食性の爬虫類は主に市販の小松菜などの野菜や果物が主な餌となります。
ただし、カルシウムやミネラル、ビタミン、たんぱく質が不足しがちなので、サプリメントを与えることが重要です。

ゼリータイプの餌も人気です。

雑食性の爬虫類

GEX EXOTERRA RepDeLi バグプレミアム100g 乾燥アメリカミズアブ 爬虫類に最適なカルシウム・リン比

雑食性の爬虫類はバランスよく餌を与えることが重要です。
リクガメ類などは水分不足になりがちなため、水分を含ませた餌や果実なども与えることが推奨されます。

また、様々な昆虫や野菜類、果物をバラエティ豊富に与えることが大切です。

飼育下では、昆虫や植物由来のペレット、総合栄養食などが用意されています。
餌の選び方には嗜好性や栄養バランスを考慮することが重要です。

選び方と特徴について

爬虫類の飼育に必要な餌の選び方は、生き餌や冷凍餌、固形のペレットなどに分類されます。それぞれの選び方と注意点について本項で解説します。

活き餌

活き餌は爬虫類にとって魅力的であり、食いつきがよいとされています。
しかし、注意点としては飼育環境により食性が変わる可能性があることと、ストックが面倒であることが挙げられます。

飼育環境によっては、餌のストックや飼育が簡単ではなく、飼育環境にも幅広い適応があるとされています。
そのため、初心者にはあまりおすすめできません。

冷凍餌

冷凍ピンクマウス S 30匹

オリジナル
¥2,884 (2024/03/01 09:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

冷凍餌は種類が豊富で、栄養価も高くタンパク質も豊富です。
ただし、使用前に解凍してから与える必要があります。

解凍した餌は保存が難しいため、ストックも大変です。
そのため、冷凍餌を与える際には適切な量を用意しておくことが重要です。

また、冷凍餌を与える際には解凍の際の衛生面に注意が必要です。そこで、使用する前にお湯で解凍し、中まで正しく温めることが望ましいです。

固形ペレット

GEX EXOTERRA レオパブレンドフード60g 昆虫原料47% アメリカミズアブ使用 高嗜好性 高たんぱくフード ふやかして与えるドライペレットタイプ

固形ペレットは、さまざまな種類の爬虫類に適用される餌です。
栄養バランスが良く、適量を与えることで健康な成長を促すことができます。
しかし、ペレットは乾燥しやすく、摂取時に水分が必要になる場合があります。

ペレットを与える際には、ペレットを水でふやかしてから与えるのがおすすめです。
また、ペレットは保存に便利で、長期間飼料として使用できるため、ストックもしやすいと言われています。

ダスティングの重要性と方法

GEX EXOTERRA カルシウム+ビタミンD3 40g PT1855

爬虫類に餌を与える際には、カルシウムやビタミンサプリメントのダスティングが必要です。
本項においてダスティングの重要性と方法について説明します。

ダスティングの重要性

ダスティングは、飼育下でカルシウムやビタミンが偏りやすいため、栄養がバランスよく摂取できるようにするために重要です。

ケージでの飼育下では、カルシウムやビタミンの不足からくる病気が見られることがあるため、ダスティングは必須です。

特に、日光浴不足や餌でのカルシウムが不足しやすいトカゲにとって、ダスティングは飼育の基本となります。

ダスティングの方法

月夜野ファーム マルベリーCa(カルシウム) 120グラム (x 1)

月夜野ファーム
¥2,324 (2024/03/01 09:15:10時点 Amazon調べ-詳細)

ダスティングの方法は主に、餌とカルシウム剤を袋やカップに入れて振ってまぶす方法です。
この際、余ったカルシウム剤は捨て、使いまわしは避けましょう。また、カルシウム剤は劣化するため、新鮮なものを常に使うことが望ましいです。

UVライトを使用している場合は、ビタミンD3が入っていないカルシウム剤を選ぶことが必要です。
ビタミンD3は体内で過剰に蓄積されるとトカゲに悪影響を与えることがあるため、調節が大切です。

餌与え時の注意点


爬虫類に適切な餌を与える際には、いくつかの注意点を考慮することが重要です。本項では、餌を与える際に気をつけるべき注意点を解説します。

給餌頻度

爬虫類の給餌頻度は、飼育下での繁殖周期や体調に影響があります。
正しい給餌頻度を守って与えることが、爬虫類の健康にとって重要です。

また、飼育中のイベントや温度変化によって、摂餌の際のリスクが高まることがあります。
そのため、飼育環境や体調に合わせた適切な給餌頻度を確認し、維持することが大切です。

餌与えやすさとストックのしやすさ

餌を与える際には、飼育環境やストックのしやすさも考慮する必要があります。ストックが難しい餌や、飼育環境に適さない餌は避けるようにしましょう。

また、餌与えのしやすさを考慮することで、爬虫類のストレスを軽減し、健康的に育てることができます。
例えば、活き餌は摂取しやすく、食いつきも良いですが、ストックが大変な場合がありますので、冷凍餌や固形ペレットなどの選択肢も検討することが重要です。

まとめ:爬虫類の餌ガイド!食性から最適な餌選びの基礎知識!

最後に、爬虫類の餌に関する情報をまとめます。肉食・草食・雑食の食性に応じて、適切な餌を選ぶことが大切です。
また、餌の栄養素やダスティングへの対応も重要です。
飼育環境や体調によって適切な餌を提供し、爬虫類の健康を保ちましょう。

取り扱いやすさやストックのしやすさも考慮して、飼育が楽しくスムーズに進められる餌を選んでいくことが、ペットの爬虫類との快適な共同生活への鍵です。